So-net無料ブログ作成
ワンパンマン ブログトップ

【画像付】ワンパンマン、ネタバレ98話 [ワンパンマン]

ワンパンマン98話のネタバレと感想です。

前回までの話、101号室の住人A級の

ヒーローフォルテに「表にでろ!」と勝負を挑まれる。

前回の⇒ワンパンマンネタバレ97話はこちら

次回の⇒ワンパンマンネタバレ98話はこちら

SPONSOR LINK





外にでるサイタマ。

「お前まだ外にいたのか?」

動物「そりゃいますよ!」
「そとに放置は勘弁してくださいよ」

ワンパンマンネタバレ98
SPONSOR LINK




ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

ワンパンマンネタバレ98

前回の⇒ワンパンマンネタバレ97話はこちら

次回の⇒ワンパンマンネタバレ98話はこちら

つづく

【画像付】ワンパンマン97話ネタバレ [ワンパンマン]

人気コミック「ワンパンマン」の97話ネタバレです。

SPONSOR LINK





大手芸能事務所



「これからうちで全面プッシュしていく予定の大型新人だ!きっと売れるぞ~」

「お前が売れっ子になったルートを参考にして彼らもプロヒーローの試験を受けさせてんだ!」

「1年に及ぶハードな訓練を乗り越えた7人のうち2人は見事C級ヒーローに合格した」

「その二人をセンターにして、今回アイドルヒーローグループとしてデビュー曲を出すんだ」

「お前からも何か一言アドバイスしてやってくれ!過酷な芸能界を生き抜く秘訣なんかを・・・」

1465.jpg

「なあ、アマイ聞いているのか?看板アイドルのお前を超えるかもしれないんだぞ」

アマイ「魅力がゼロだな。僕に話しかけないでくれ」

「紛い物に興味はない」

「アマイ・・・同じ事務所の可愛い後輩だぞ!」

「わかってないな、これはアドバイスだ!いいか、僕にはなしかけるな」

「いったい何を・・・」

「社長、僕を参考にした結果がこれなのか?」

「すこぶる機嫌が悪い、こういう醜い偽物を量産するような行為はやめてほしい」

「先輩ヒドイ言いぐさじゃないですか?」
SPONSOR LINK





ワンパンマンネタバレ97

「アマイマスク先輩・・・売れっ子だからって調子のってるとすぐ追い抜いちゃいますよ
歌もダンスも見た目も負けない自信あるし」

「落ち着けチェリオン」

チェリオン「あーもちろん腕っぷしの方も・・・」

「そうそう僕ら2人これでもヒーロー試験受かってんすよ」

「C級とA級?何が違うのかイマイチなんで」

「なんなら試してみますか?」

「あ、顔面は商売道具なんでなしでいいっすけど」

社長「お前もとめないか!」


「社長だって言ってたじゃないですか、アマイマスクはタレント
活動だけに専念すればいいものを、いつまでヒーローとしての
自分を保とうとするからあつかいにくいってさ!」

ワンパンマンネタバレ97

「俺らは割り切ってるんで、ヒーローなんてダセェ肩書は踏み台にさせて
もらいますよ!目指すは本物のトップアイドルなんで!」

「ヒーローとアイドルどっちつかずの誰かさんとは違ってね」

「中途半端な偽物は先輩の方じゃないすか?」

「会社は俺らをプッシュしてくつもりだし、そんなにヒーローに
集中したければアイドル引退してもいいんすよ!」

アマイ「キミたち・・・ヒーローは踏み台にできるほど簡単な
肩書じゃないよ」

「だからその考えが扱いにくいんですって!これはビジネスなんだから」

アマイ「じゃあ僕が怪人だったらどうする?今こうして目の前に現れたら?」

「ぶっ殺しますね7対1だし」

「マジ俺ら、”微炭酸BOYS”ナメない方がいいっすよ!」

ワンパンマンネタバレ97

アマイ「ふっ」

微笑するアマイ。


「なに笑ってるんすか?」

「ビビッて手出せないと思ってたら大間違いっすよ、
こっちは全然かまわね・・・」

社長「よせ!ファンタス!顔でも毛がしたら・・・」

ゾゾ・・・

ゾク・・・・

「な・・・・何だ?急に震えが止まらない・・・・」

アマイ「きっと本能で怯えているのさ、君らとボクでは生物的に
書くが違い過ぎるって事だ!」

「キミたちは持ってないんだよ!華がない」

「彼のような華が・・・」

ワンパンマンネタバレ97

圧倒的な強さという華が!

研究室にて



「しかしメンタルナイトも適当な仕事をしてくれるよな
何百億何千億とヒーロー協会の資金をつぎ込んで
設計開発を依頼したってのに」

「防衛ロボットが誤作動で爆発ってひでぇ話だよな
寄付金をドアノブにすてたようなもんだ」

「さっき監視カメラの記録ディスク回収していったけどどんな言い訳してくるか見物だよな」

「普段から本部の収集命令も無視するようなヤツだからな」

「誤作動なんかじゃないっていうんじゃね?」

「それはそれで大問題だよなだって本人は・・・」

「どんな怪人でも撃退できるって豪語してた訳だし・・・」

かちかち

「レベル4・・・」

「レベル7」

「レベル9」

「レベル10」

ボフォイ博士(ヒーロー名:メンタルナイト)

「驚いたな・・・作ったばかりの防衛システムが破られたか・・・」

「しかも・・・やったのは全くのノーマークだったヒーロー協会の」

「A級39位ハゲマント、まだ新人じゃないか」

「65日前にC級に合格し、43日前にB級に昇格・・・
2日前にA級に昇格している!」

早い・・・

「ヒーロー協会のデーターベースに侵入してみるか
連中が何かハゲマントの秘密を隠しているかもしれない」

「主な実績・・・Z市にて暴漢忍者ニクソンを制圧・・・・
J市にて怪人深海族の長を撃退補助・・・
Z市にて潜伏していた人間怪人画廊との戦闘に参加」

「これだけ?ごく普通に活動して順調に成果を収めているように見えるが・・・」

「備考欄に何か書いてあるぞ・・・体力テスト新記録保持者」

「協会も把握しているのはそれだけか・・・」

「観察しておくか・・・」

ワンパンマンネタバレ97

ワンパンマンネタバレ97

ワンパンマンネタバレ97

ワンパンマンネタバレ97

ワンパンマンネタバレ97

ワンパンマンネタバレ97

つづく



ワンパンマン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。